今朝の珍事

夢の中で、誰かほえている・・・
「うるさいぞ、晋太郎・・・、静かにしろ・・・」
ぱっと目が覚める!お客様か!
時計はまだ5時・・・
「しまった寝つぼった!」
シャロムの森の朝は早い。・・・朝4:00より電話受付開始しています。・・・

外を見ると一台の車が入口に止まっています。晋太郎が一生懸命ほえていました。
「晋太郎!グットジョブ!」
急いで外に出て、お客様とお話をしました。
「こんなに早くてすいません・・・」(お客)
「本当に早いですねぇ・・・でも問題ないですよ・・・それではコーヒーでも入れましょう・・・」
というわけで、山猫軒でコーヒーを入れて二人で飲み始めました。
しかし・・・なんとなくフライマンらしくない雰囲気がしました・・・
「ここは釣れますかぁ・・・」
「今日はコンディションがよいですよ・・これで気温が上昇すれば面白い気がしますね。ところで、フライは始めて何年くらいですか・・・」
「ちょっと・・・です。それよりエサの方が長いです・・・もちろんフライも持っていますよ・・・」
これはやばいかも・・・
「もしかして今日、予約入れてきた人ではないですか・・・」
「予約?」
というわけで、私の思い込みで勘違いしていました。
いろいろお話をして、また今度練習してから遊びに来るということになりました。
シャロムの森は当日予約を朝4:00より受け付けています。8KMに10人程度と考え、のんびりとした釣行を皆様に味わってもらえるよう考えています。
けして数は多くありませんが、ほんとに渓流と自分だけの時間を味わえる釣り場です。


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です