ゴミと山

 ごみの問題は、どこへいっても頭の痛い問題です。
今多くの山では、冷蔵庫、テレビが散乱しているとも聞いています。そういったところは、たいがい通り抜けのできる、人通りの少ない道が存在しています。
シャロムは、幸運にも通り抜けの道はありませんのでそういったものはほとんどありません。通り抜けの道を作る話はあったそうですが、作らせなかった経緯もあるようです。砂防ダムも同様です。

 もうかれこれ、車止めをしてから、7年くらいになるでしょか。その当時は夏草の勢いもなくなるころになると、色とりどりの缶、ビンが転げ落ちています。行きと帰りでゴミ袋がいっぱいになるほどで、たいがいは、車の置けるスペースがあるところに集中していました。
 今でも時々空き缶があると、ポッケに入れて自分の車の中に捨てるクセがのこっていています。(ちときたないですが)
 美しい山川をいつまでも残していきたいと思っていたりするのですが、数10年たつと、あちらこちらでは、「ゴミの山」ができているんでしょうね。よほど注意しておかないと、それは避けられないのが残念ながら、今の日本の現状なのかもしれません。
 


カテゴリー: ForestArea パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です