釣果情報20050916 U氏

小森谷さん、今晩は。今日はお世話になりました。
”曇り空は余り良くない”との小森谷さんの言われるとおりでし た。特に午前中は苦労しました。右の沢に入りましたが、とにかく魚がいな い。。。。
通常の渓流なら、この時期、釣りきられてしまって仕方がないかと思うと ころですが、ここは”シャロムの森”、絶対に魚がいない訳がないと思いな がら釣り上がりますが、魚が全くいないのです。いつもなら、下手なウエディン グでヒラキから魚が沢山走って行くのに、全く魚の気配がないのです(2年 前、3月におじゃましたことがありましたが、あの時みたい)・・・
一体どう したのでしょうか。ここにいないと一体どこにいるんだ!という岩魚の絶好の ポイントを相当しつこく流しましたが、全く反応なし。
 遂にドライを諦め、ニ ンフで釣り上がりましたが、小さな落ち込みの中から、たまたま17、 8cm位の岩魚が出ました。釣ったと言うより針にかかっていたという感じでしょうか?
早めのお昼として、気を取り直し釣行開始、#14のパラシュートアント で、これまた同じぐらいの小さなヤマメをつり上げました。結構上流部だったのでヤ マメが釣れたのには驚きました。小さくても綺麗なヤマメです。
その後余りの魚の気配の少なさに右沢を諦め、左沢へ移りました。 左沢の方は右沢よりは魚の気配がありました。午後2時頃から少しずつヒラキ に魚が出だした感じです(時々太陽が顔を出すようになりました)。
やはり 17、8cm位の岩魚を4匹、#14パラシュートアントで釣ることができ ました。岩魚達は、小さいけれど、頭とヒレが体の割に大きい感じがしました。ちょっと 痩せていたのは今の時期は仕方がないのでしょうね。やはりかなりすれてい て、フライを見ただけで逃げ出す魚が結構いました。また、全体的に上を余り見 ていないようで、何回も流した後の同じ場所から走られてしまいました。入れ 食いモードにはとうとうならず、午後4時30分、納竿としました。
今回は、シャロムの厳しさを味わいました。また、お休みがとれま したら、リベンジに伺います。今日はどうもお世話になりました。
管理人コメント
 この方もとても上手な方なのです。何故って・・・この日のコンディションは水量は最高でしたが・・・気温が・・・つまり水温が前日に比べ下り基調で朝の測定で14℃だったのです。当然、虫など一匹も飛んでいませんでした。
シャロムの森の魚達には下がり基調での爆食い?!(虫達を・・・)の思いではありません。(養殖魚達なら、毎朝、毎夕、空からエサがやってきます。その思い出があります。たとえ、水温が5度下がろうと、雪が降ろうと・・・)
ですから、コンディションは良くなかったのです。
ホントにお疲れ様でしたm(–)m


カテゴリー: Fishing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です