釣果情報20050919 S氏

水温 15℃
釣果
 ヤマメ 6匹
 ニジマス 数匹
コメント
小森谷 様
 以前ビデオを送っていただきました宇都宮のSです。その節はありがとうございました。やっと念願叶い連休中の9月19日(月)に釣行させていただきました。
オーナーに直接お礼を申し上げたかったのですが、お会いできず残念です。
 丸1日釣りをすることがあまりできず、これまでシャロムに出向く機会を逸しておりました。当日は連休故空きはないかもしれないと思いつつ連絡してみると、予約なしとの返事でありましたので、前日までに仕事を何とか片づけて当日朝に予約連絡し釣行させていただきました。
 
 8時過ぎ頃から入渓しましたが、何分初めてで勝手がわからず最初の大堰堤前後を午前中4時間程度探りました。出だしからヤマメがぽんぽん出て調子よかったのですが、その後上流に向けて進むと当たりは遠のき魚の気配も薄くなり、ぽつりぽつりの当たりとなりました。
 
 前日までの水温など水況はわかりませんが、当日の水温は15度で適水温であると思われたのですが、プレッシャーの影響か、水況の変化の関係かはわかりませんが、フッキングしてもバレが多く、鉤掛かりが浅かったことから推測すると相当スレていることが伺えました。その他の要素としては釣り手の問題で、つまり素直に言えば下手ということです。
 ヤマメは20本ほどフッキングしましたが、手にしたのは8本でした。ヤマメは全て鰭がピンとしていて体色もハッキリと濃く、美しい魚体でヌメリが強く天然に近い証であろうと感じ、少し嬉しくなりました。今では稀少ですからね。ニジマスは2種類ですか。ドナルドソン系のは大きくなりますね。綺麗な魚体でした。しかし、ヤマメはスポーニングの準備が始まっている魚体でありましたので少し可哀想にも感じましたが、そこは釣り人の性で魚がいれば竿を出してしまいましたが。
 4時間で2㎞程度しか遡行していないと思いますが、さすがに前日から睡眠なしだったので相当に疲れ、足もふらつき限界でした。本当は核心部の源流でイワナを釣りたかったのですが、午前中の釣行だけで気力が失せました。話を聞くと行程8㎞もあるんだそうですね。次回はできれば10月中までにもう一度チャレンジできればと思っています。そのときは上流部に運んで貰って帰りは自転車を経験したいと思います。
 シャロムの森は夏の渓流にぴったりですね。緑のトンネルが心地よかった。どうしてもキャスティングできない部分は別にして、なるべく手を加えてほしくないですね。いくつか渓流の管理釣場に行ったことがありますが、自然のままといいながら人工的な細工が結構あったり、色々な漁種を放流したり、少し興醒めします。
 
シャロムはこのままがいいと思います。あまり人が多くなってほしくないとも思いますが。
 最後に、手書きでもよいので簡単な地図があるとありがたく思います。地図には、おおよその距離や○○ポイントなどの名称(例えば○○前、○○下、○○岩など)や愛称:「大曲」、「S字」、「パラダイス」など有望ポイント毎に命名し、地図に載せるとお客さん同士で盛り上がれるかも知れませんね。余計なことを言ってしまいました。また機会をみてお邪魔させていただきます。


カテゴリー: Fishing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です