先日はこんな日でした(^^)

(写真「秋山女」)
先日いらしたSIMAさんから楽しいメールをいただきました。
本当に、コンディションが良い日は幸せになれますね(^^)
*****メール本文*****
本日はコーヒーまでご馳走になりありがとうございました。帰り際にもう一杯いただいて帰りました。
今日の関東地方は真夏日だったようですね。コンディショントとしては、とても良い日に当たったようで幸運でした。
左沢は枝が相当あり、慣れているつもりだったのですが、いやいや難しかったです。最近はフライをロストすることはあまりなかったのですが、今日は5本もロストしました。
しかし、釣果には満足です。尺ヤマメ、尺イワナにはお目にかかれずせめて25センチ級をと思ったのですが、そこまでいったら贅沢ですよね。でもヤマメもイワナもとても綺麗でぬめりが強く人間で言えば健康体ですね。かなり上流域のイワナ圏にもヤマメがいたのにはびっくりでした。
イワナは正に山ドジョウと形容すべき魚体で東北のイワナのようですね。今日の左沢の特にイワナは、瀬頭に低位している確率が高く、フライをゆっくり、緩慢なくわえ方をしていました。人を知らない無垢な野生のようでした。
それにしても今日は正にパラダイスのような一日でした。
こういう日は年に何回もお目にかかれない日だと思います。とても幸運でした。シーズンの締めくくりとしては、おまけ付きで最高の一日と言ってよいでしょう。
次回は右沢で尺イワナにチャレンジしたいですね。シャロムの森は心の癒しにもなり、何故か幸せな気分になれます。また、来年おうかがいします。ありがとうございました。では、失礼します。
******メール終了*****
本当に、このような日がシャロムではあります。
(その後のメールによると、ある100m区間では一投一魚だったそうです・・・・ホントにシャローム(貴方に神の平安を!)ですね(^^))
特に、秋にこのような現象に出会う確立が高いようです。
昨年も、この頃に尺が多発しました。
秋のシャロムはまるで別人のようです。


カテゴリー: Fishing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です