迷い猫カエル・・・猫の集会参加か?!

先日の台風が過ぎ、ようやくこれで秋が来るだろうと思いながら、朝の扉を開けました。
ベランダにはいつものように猫たちが丸まっています。
ふと、ダナがいることに気がつきました!
(写真の中の一番下の毛並みの良い子)
「ダナ・・・帰ってきたんだ・・・お帰り!」
この子猫は一週間ほど前、突然いなくなり、全く何の便りもなかった子でした。
交通事故にでもあったのかなあ・・・それとも、猫の集会に参加して、そこで旅に出るメンバーに選ばれてしまったのかなあ・・・
と考えていました。花琳もずいぶん心配していて、寂しいそうでした。
ちなみに、猫は時々集会を開きます。猫の集会の時はふだん争っている猫たちもみな、静かにしていて、なんやら密談をしているような気配がします。
(私も一度だけ見たことがあります。月の夜で、それはそれは、静かで、なにやら不思議な光景でした。)
そして、どうもその後、何匹かの猫たちがいなくなるのです。
我が家のダナちゃんも初の猫の集会参加後、旅に出たのかと思いました。
ちなみに、旅に出ると、一週間から1年くらい帰って来ないこともあります。

突然、いなくなった者への悲しみは本当に心に残ります。
死んでいるのを見たなら、それはそれで気持ちに整理がつきますが、突然いなくなるのは本当につらいです。
ダナちゃんはいったいどこへ行って来たのでしょうか。もちろんだれにもわかりませんが、なんだかすこし大人びた気がします。
花琳がほんとうにうれしそうに抱いていたのが、心に残りました。
わが子達もいつかは、ここからいなくなります。
そんな時が来るのが本当に信じられない現在です。

     右沢の小岳山の神のお参りにて・・・


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

迷い猫カエル・・・猫の集会参加か?! への4件のフィードバック

  1. SAGE愛好会 のコメント:

    可愛いですよね。シャロムの番猫
    思い起こせば、昨年の12月。
    シャロムデビューはたした私は、入口の
    しんのすけ君と睨めっこし、エアコン室外機の
    上に数匹で寄り添っている可愛い猫ちゃん達
    を見て「猫団子だねこれは・・・」と思ってました。
    床板が冷たいのか、大きいのから小さいの、
    皆がおしくらまんじゅう状態でいる猫団子は
    初めてみましたね。
    あれからもうじき一年。月日はあっという間に
    経つものですよね。
    あの頃は確かまだ20代最後の年・・・今は・・・

  2. 管理人 のコメント:

    ほんとうに早いものです・・・
    SAGE愛好会さんが真冬しかも雪がたっぷりある日に、是非とも来たいという電話からはじまりました。
    あの日、確か1匹釣れたのでしたっけ・・・
    また、冬が来ます。静かな冬が・・・

  3. Yoko のコメント:

    ダナちゃん。 無事に帰ってきてくれて、本当に良かったですね♪ 
    花琳ちゃん達が旅立つことを考えると、私も寂しくなってしまいます・・・
    私にとってのシャロムは釣りだけではなく、皆に会いに行っているようなものですから

  4. 管理人 のコメント:

    YOKOさん、本当にそうですね。
    でも、ふと思います。
    今から10年、20年後・・・
    本当に地上の楽園のように成長したシャロムの森の中を、震える手で針にティペットを通しているみんなのことを・・・
    A RIVER RUNS THROUGH IT の最初のシーンのような情景が浮かびます。
    月日は過ぎ、全ての物は変わり行くけれど、ここに川はあり、あの魚達の子供等が泳いでいます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です