駅前留学の上を行ってます(^^)

現在、我が家はバイリンガルです。一日おきに、ENGLISH DAYと日本語デーとなっています。
つまり、ENGLISH DAYには我が家の公用語は英語です。花琳も龍馬も杏理も英語・・・
実際にはしょうがないから日本語に通訳をします。
それも、全ては妻のおかげです。
現在、イギリス人の若者が我が家に居候しています。本当によい子です。まじめで一生懸命日本語を勉強しながら、簡単な仕事もしてくれます。
これはウーフという世界レベルのNPO組織にシャロムの森も8月から登録したお陰です。
なんだか毎日楽しいです。やはり一家に1人は居候ですね(^^)
子どもの面倒も見てくれるし、時には妻の話し相手にもなるし、もちろん仕事の手助けもしてくれます。妻との喧嘩も少なくなりました。(ホッ)
おかげさまで、毎日妻はニコニコです。
花琳も、ワンツースリーとか、レッツゴーとか、自然に話してます。
本当に玲子のお陰です。ママに感謝の毎日です。(^^)/
ちなみに、今度はペルー人やノルウェー人、アメリカ人が来たいといっています。
多国籍日々ですね。


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です