カマドネコ・・・

宮崎賢治のお話に『猫の事務所』というのがあります。
真夏に生まれた猫は、毛が薄く、冬の寒さに耐えられず、常にカマドに入って眠る煤けた猫がいじめられる話です。最後は獅子の一喝で物語は終わります。
最近、我が家に新参者のネコが一匹来ました。やけに人懐っこいのですが、ふてぶてしい・・・とも思えます。
彼が来てから、ネコの社会は変化したようで、みんなで和気藹々していた猫たちが、現在は・・・写真様です。
この子の名前は、ナッツ・・・1番毛が薄く、オスです。おかげで新参者
に追い出され、毎日風呂のボイラーの隅で寝ているようです。
そのせいで、顔や体は煤ぼけていて、まさしくカマドネコの状態です。
ネコの社会も厳しいものですね・・・


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です