冬のシャロムの遊び方? 後編

なにやら美しい泣き声が・・・
「コロコロコロ・・・・コロコロコロ・・・」
それは、ほんとに軽やかで鈴がなるような響きで、しかし、音は低くもなく、高くもなく、耳に優しく響いてくる音でした。
「ヤマアカガエルだ!」    RIVERWALKERS氏が囁きました。
皆、その泣く場所へと降りていくと・・・
全く見えません・・・
           蛙もスプーキー・・・・・(涙)
「こんな時は・・・木化け石化けだ!」  みんなで暫し、動かず・・・
きっと上から見たら面白い姿だったことともいます。

けれで、誰も出てきません。
先ほどまで、あんなに楽しくこの世の春の逢瀬をいたしていた者達・・・
突然の怪物の出現にきっと息を潜めているのでしょう。
と、見れば・・・
たくさんの卵たちが残されていました。
この卵が孵化し、2ヶ月?で親になり、また生み、そして2ヶ月・・・
蛙たちの本場の季節・・・6月にはきっと大増殖して賑わいを見せることでしょう。
そうして何世代もつながりながら、また冬の冬眠の世代を経て、来春になる。
そう考えると、不思議なような、豊かなような・・・
    ほんとに自然は美しいですね。

  皆さん蛙たちはもう活動しているのを知っていましたか・・・?
     まさに渓流は生きています。


hiro について

林業とシャロムの森と林業の仲間たちで作る 黒川森林総合サポート 黒川森林文化研究会 を頑張ってます
カテゴリー: Fishing パーマリンク

冬のシャロムの遊び方? 後編 への5件のフィードバック

  1. ハル のコメント:

    驚きです!
    もう活動しているのですか?
    まだ冬眠中と思っていました。
    今年は梅の開花も遅れているのに、まさに
    春の足音ですね。
    思わず、ウキウキ気分になりました。
    嬉しい便りをありがとうございます。

  2. urushi-iwana のコメント:

    私も驚きです。もうカジカカエルが活動してるなんて。これから三寒四温を迎えるにつれ、シャロムも春めいていくんでしょうね。
     しかし、カエルもスプーキーになってしまうのは、すこし考えもんですね。やはり解禁は四月ですか?3月にプレオープンするときは呼んでください。

  3. 管理人 のコメント:

    ハル様
     ほんに自然は生きてますね。今年はどんな春が来るでしょうね(^^)
    urushi-iwana様
    ほんとに蛙も・・・なんですよね。何故なんでしょうかね。もしかして、森全体の共通意識のようなものが存在して、そのせいかもしれませんね
    ほんとにこれだけ暖かくなると・・・3月中に変更したくなりますね(^^)

  4. SAGE愛好会 のコメント:

    カジカガエル
    冬眠中じゃないのですね。
    本当に水が綺麗な所しかすめないと聞いた
    ことあります。
    やはり、シャロムは水がいいのですね。
    あまりにも良すぎてヤマメ、イワナはスプーキーになる。
    しかもカエルまで!(笑)

  5. シャロム人 のコメント:

    SAGE愛好会様
    いつもありがとうございます。
    ちなみに、カジカガエルではなくて、ヤマアカガエルだそうです。
    私も、最初そのように書き、指摘されなおしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です