てんとう虫の恐怖

昨年の秋てんとう虫が大発生しました。
その結果として、現在の我が家はてんとう虫だらけです・・・
ほんとに、七星、2星、4星、20星・・・
太陽が当たり、気温が上がるといっせいに窓を這い上がります。
結構気持ち悪いです。
作々年は羽隠しという、これまたとても嫌な虫が大発生しました。
このハネカクシに比べれば、テンドウムシはかわいいものですが、やっぱり窓にびっしりいると気持ちが悪いものです。
これもやはり、地球温暖化の影響かもしれません。
ハネカクシ=>テントウムシ=>??
今年の秋には何が大発生するのでしょうか・・・
ハネカクシとテントウムシの関連はまったくわかりませんが(食物連鎖関係にあるとは思えないので・・・)私たちにはわからない・・・もしくはまだ発見されていない関係が存在するのかもしれません。

しかし・・・いつも思うのですが、こいつらを全部魚の餌にできたらいいのになあ・・・
実際にもしかしたら、この春の時期にではありますが、シャロムの森では、4月からテレストリアルの反応がいいかもしれませんよ・・
なにせ、一杯いますのできっと魚たちも捕食しているはず!
それに、こいつらは太陽が当たり暖かくなると活発に飛びますので・・・
年平均気温が一度上がることにより、目に見えない生物の活動図も大きく変化するでしょう。
また、一度の水温上昇は確実に岩魚域を上流へと追い上げ、砂防ダムで寸断されている日本の渓流では、本来ありえた系統の分化の可能性が閉ざされていくことでしょう。
もちろん、逆に勢力を増す種もあるでしょうから、長い目で見たらこれも一つの摂理かもしれません・・・
でもいいのかなあ・・・


カテゴリー: Fishing パーマリンク

てんとう虫の恐怖 への2件のフィードバック

  1. SAGE愛好会 のコメント:

    正にテントウムシのサンバ状態ですね。
    自分の中でのオープニングセレモニーフライとして、テントウムシフライで今シーズンの
    始投式?
    以外に釣れちゃったりして(笑)

  2. シャロム人 のコメント:

    SAGE愛好会様
    いや本当です。マジでテントウムシフライを巻いてきてくださいね。
    ホントに釣れるかも!
    もうすぐですね、待っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です