ムササビの食痕

春のシャロムの遊歩道を歩くと、こんなものを見つけます。
普段何気なく歩く小道も、目を凝らして歩きますと、小さな動物たちの姿が見えてきます。
この写真は、ちとボケてますが、松の葉を鋭く食いちぎったものであります。
たぶん、ムササビが食べたあとではないかと思います。
ムササビは、杉の葉なども食べます。時々、左右対称に食われている葉っぱなどもムササビの食痕だと思われます。
今年設置した巣箱に誰か入ることを期待しますね。
是非とも渓流の上空をさーと飛び交う、そんな風景を釣りの帰りに見られるようにしたいですね。


カテゴリー: ForestArea パーマリンク

ムササビの食痕 への3件のフィードバック

  1. ハル のコメント:

    おはようございます。
    シャロムの森は本当に魅力的ですね。
    こうして読んでいると、ウズウズしてきます。
    行きたいっ!(笑

  2. SAGE愛好会 のコメント:

    むささびって、草食だったのですか。
    知らなかった。
    今年は、楽しそうですね。
    夜は相撲でいう座布団が飛び交うような
    ムササビの滑空が見れるかも。
    それに、魚いっぱいですって?
    チビメ偵察部隊に、全て索敵されそう・・・

  3. シャロム人 のコメント:

    ハル様 おはようございます。
    どうぞ天気の良い新緑の季節に遊びに来てくださいね。
    1日、のんびり渓流沿いのセルフ喫茶テーブル Shalom de Caff でコーヒーを飲みながら、本でも読むのなんかどうでしょう
    SAGE愛好会様
    昨日より、ブログリンクできるようになりました。これからもよろしくお願いします。
    座布団が飛び交うような夕暮れ・・・
    なんだか、シュールで楽しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です