もぐら君受難・・・

最近、朝よく 見ます・・・・
「あ、またモグラだ・・・・」
モグラがよく死んでいるのです。どうも猫がいたずらしているようです。
現在我が家の猫は 上野村産が4匹とシャロムの森産が4匹くらい・・・・
もう小さな動物にとってはこれは脅威でしょう。
我が家の猫の行動範囲はおおよそ半径1kmくらいです。ですのでその周辺の小動物、とりわけのろまな彼らは被害にあってしまいます。
「ボコボコボコ・・・ズポッ 」 と地中から地上に這い出して周りを見回した瞬間!
凍るような 恐怖が・・・・
たぶん猫からしたら地表に出ようとしているモグラの音はかなりよく聞こえることでしょう。
そして、地面がボコボコと盛り上がってきた場所のその前で、きっととても興味深く観察していることでしょう。
「何が出てくるニャン?!(=^。^=)」じーと、じーと、その大きな水晶の様な瞳で見つめています。
そこへ・・・・
  「ボコッ はーなんとか出たなぁ~こりゃ~・・・」次の瞬間の恐怖の沈黙・・・
  「・・・・」
「うにゃん~ パクッ」
というけで、毎日山猫軒の周りにはモグラ君の哀れな姿が横たわっています。
よく動物は必要ない殺しはしないとか、百獣の王 ライオンはお腹が一杯の時は目の前に鹿がいても襲わない とかいいますが・・・・
うちの猫どもは、モグラでは遊ぶようですが食べません。どうも土臭いようです。
やっぱり愛玩動物として人間と共存しているうちに、大切な自然の掟を忘れてしまったのでしょうか?
いつか猫に聞いてみたいものです。
00000012.JPG


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

もぐら君受難・・・ への2件のフィードバック

  1. SAGE愛好会 のコメント:

    こんにちは
    奥さんの実家で飼っているハナちゃん(♀13歳)
    奥さんが学生の頃、まだ子猫のハナちゃんを拾ってきて、私が格闘技を叩き込み、そして
    完成させたスーパーネコちゃん
    まだまだ健在で、現役バリバリのハンターです。
    家にいないと、たいてい裏の畑でハンティングしています。
    「何年か前、夏のまさにイブニングの時間、
    やはりそいつはそこにいました。」(被害者モグラA談)
    ここの畑は無農薬だから、ミミズが美味いんだよな~モグモグ・・・
    あぁ~おいしかった。ごちそうさまでした。
    さてそろそろ暗くなってきたし、
    シャバの空気でも吸いに行くかな。
    モコモコ ボコ!
    ウニャ!
    「ハナ~ハナ~」←SAGE愛好会
    あっいたいた。
    そこには、ムシャムシャと毛をムシリ、
    晩御飯を貪り食うハナちゃんの姿。
    絶対テレビでは、お花畑の映像が
    「しばらくお待ちください」の字幕と共に
    放送されていることでしょう。
    普段知っているハナちゃんの顔じゃない!
    普段は愛くるしく、可愛らしいネコちゃんたち。
    彼ら、彼女らは紛れもなくトラの仲間なのですね。

  2. シャロム人 のコメント:

    SAGE愛好会様
    おはようございます。
    かわいい娘さん・・・・すくすくとおっぱいを飲んでいますでしょうか。
    モグラにしてみれば、ほんと凍るような風景・・・・なのでしょうね。
    ハナちゃんはモグラを食べましたか・・・
    うちの奴らは遊ぶだけで食べないんです。
    毎朝、哀れなモグラの姿が見つけられます・・・・
    僕はまだ見たことがありませんが、モグラが土の中から出てくる姿は、きっとおもしろそうですね。
    モコモコモコ・・・地面が盛り上がってきて、ポン とモグラが顔を出すのでしょうか。

SAGE愛好会 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です