壁紙20061210晩秋の星空

冬に近づくと空気が透明になり、宇宙が近くなってきます。
シャロムの森の頂上付近から望む宇宙は、深みのある吸い込まれそうな青色です。
じっとウイスキー片手に稜線の原っぱに寝転んでいますと、自分が宇宙の中に浮かんでいるような、そんな気持ちがしてきます。
先日はふたご座流星群がありました。あいにく天気は良くなかったですが、ふだんでも、シャロムの森のこの青さのなかでは、流星は頻繁に流れています。
初冬の夜空は、私の心を透明にしていきます。
下記の壁紙・・・よければ使ってくださいね。
使用方法
1 下の画像を左クリック
2 開いた大きな画像を右クリックし、たぶんその中にある、壁紙に設定というコマンドを選択する

1280 × 850


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

壁紙20061210晩秋の星空 への5件のフィードバック

  1. あま党 のコメント:

    こんばんは。ブログ更新ということは・・・家造り、予定していたところは間に合いましたかね。

  2. シャロム人 のコメント:

    あま党さま こんばんわ・・・・・
    寒くないですか~そっちは・・・
    僕は、なんか寒いです。
    家作りはもちろん、うまく行ってます。
    でも、なんかノリがイマイチですね~。
    遊びに来てくださいなあ・・・・

  3. 小さな森の家 のコメント:

    管理人さん こんにちは
    >なんかノリがイマイチですね~
    最近現場に行くと
    音楽かけて作業してる職人さんを
    良く見かけるようになりました
    ノリノリでしたよ(笑

  4. うなう のコメント:

    壁紙もらったよ。天体写真やるの?ちょうどM78星雲のあるオリオン座の画像が欲しいと思っていたところなので、よかったです。写真が撮れるなら今度M78もお願い!

  5. シャロム人 のコメント:

    M78星雲・・・・ちょっと僕の現在のカメラのシステムではきつそうです。
    ぼくもデジスコを買おうかなあ・・・
    そうすれば、きっとバッチリ見える気がします。
    今年もよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です