森と渓流の写真教室2007

今年も恒例の 森と渓流の写真教室 を 開催します。
美しい写真を撮りたい人、是非とも参加してくださいね。


内容

渓流で自分の釣り上げた渓魚の撮影を撮る方は多いと思います。しかしなかなか
うまく撮れません。ピントが合っていなかったり、暗かったり、光ってなかった
り・・・どうしたら雑誌のような写真が撮れるのでしょうか?!
そしてまた、魚の写真だけではなく、森の木々の写真や美しく透明な渓流の写真、ハッとするような昆虫のマクロ写真・・・・と写真の世界はとても奥深く美しいです。
 そこで、今年もプロのカメラマンの佐藤成史氏にお願いして、森と渓流の写真
教室を開催したいと思います。
また、今年はさらに・・・
プリンターを用意しますので、その場で(山猫軒で)印刷し、そのポイントも説明できる予定です。
開催日 11/4日
開催最少人数 5人以上
参加費 10,000円
注意
■基本的にデジタル写真のための教室です。銀塩写真には対応できません。
■どんな機種でもよいので、デジタルカメラを必ずご持参ください。
スケジュール

9:00 ~  写真、カメラについての基礎講座
(露出補正、ホワイトバランス、ISO感度等の理論説明、撮影上の注意点、構図や
光の使い方等、基礎知識を知ってもらう)
12:00~  昼食
13:30~  実践
(ニジマスを使って魚の写真を撮ってもらって、それをPCで確認、チェック
等・・・)
17:00   終了予定・・・

そこで、今年はできれば皆様のご希望を事前に知りたいと思っています。
シャロムの森では、いつでも・・・皆様と1日、充実した楽しい時を過ごせるようがんばっております。
ぜひぜひ、皆様ご参加くださいね。(^^)


カテゴリー: Fishing, ForestArea   パーマリンク

森と渓流の写真教室2007 への8件のコメント

  1. 小さな森の家 より:

    2回水に沈んでも
    復活した少し古いコンデジでもよろしですか?
    追伸 先日は失礼しました 復活しました
    今度は当日予約で願います とれるかな...

  2. シャロム人 より:

    小さな森の家様 お体のほうはどうでしょうか。
    遠くから、心配しております。
    当日予約、まだだいじょうぶそうです。
    でも、気にせず、事前予約してくださいませ。
    お忙しいでしょうが、体には十分気をつけてくださいませ。
    写真教室、もちろん大丈夫ですよ。
    結構、みなさんコンデジの方もたくさんいます。
    申し込みしてくださいませ。

  3. あま党 より:

    こんばんは。
    私も参加しま~す。
    ダメだしされないような腕になりますぞ!

  4. シャロム人 より:

    あま党様 おはようございます。
    ご参加申し込み、ありがとうございます!
    この間は、オヤブンさまを引率なされてのシャロムの樹詣で、ありがとうございました。
    ・・・・そういえば、最近、あま党様の気持ちのよい突っ込み?があまりなくさびしいですよ・・・・

  5. oyabun より:

    私も参加しますぞ!!
    シャロム人さんにダメだしされないようにね(笑)

  6. あま党 より:

    フィッシュウォッチングはやらないんですか?儲かるのに・・・。
    スクールの時くらいは、もうちょっとおしゃれすれば、かっこいいHPの記事になるのに。
    ま~例のキャップをかぶってなかっただけでもよしとします!

  7. SAGE愛好会 より:

    おはようございます
    あま党さんに賛成!
    HP用にオシャレしてみたら?
    タキシードとか・・・(笑)

  8. シャロム人 より:

    おはようございます。皆様
    oyabun様 申し込みありがとうございます。
    ダメだしなんて・・・・そんなことoyabun様にいえないですよ
    よろしくお願いします。
    あま党様 例のキャップ 今洗濯中です。
    たぶん今度来られたときにはお返しできるかと・・・
    かっこよくですか・・・考えます。
    SAGE愛好会様 
    タキシードですか・・・
    珍問屋になりそうですね。(^^)
    来年はちと考えますね。
    ウェダーを買おうかと・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>