冬、初春の我が家の遊び

もうすぐ春ですね。 雪もずいぶん解け・・・(とはいっても先日大雪でしたが・・・) 
春が待ち遠しい今日この頃です。
こんな時期、実は探検の季節です。
春から秋までの間、あんなに緑の葉で覆われ、歩くのがたいへんな森、藪の中も、今ならスイスイと歩いていけるのです。
ですから、最近の我が家の遊びのトレンドは 森の探検! 
道なき道をどんどん登っていきます。
img20090223a.JPG
時には崖のような急な斜面に出くわし、木の根っこにぶらさがりながら・・・それでも上っていきます。
上る 上る・・・ 子供達はどうしてそんなに上るのが好きなのでしょうか?
僕ら毎日に疲れている大人は 座っているか、下がる方が楽しいのになあ・・・
そうして、光溢れる山の頂上、尾根に向かって子供達はただ上り続けます。
img20090223b.JPG
それはまるで草花の若芽のようです。
ひたすら光を求めて上る上る・・・。
そうしてその思いはかないます。
高いところに登ると・・・ 自分達の歩んだ道が見えてきます。
img20090223c.JPG
そうして、1つの事を成した。 その思い 、感覚を 大切にしたいものです。
何が 上には あるのだろうか・・・・
どんどん、どんどん、 力ある限り・・・ 歩んでほしいと願います。
img20090223d.JPG
帰り道は 実はまた楽しいものです。
冬の森の中には落ち葉のクッションが敷き詰められていて、 もう楽しい楽しい・・・
コロコロと転がったり、ジャンプしたり、 笑いながら降りていきました。
img20090223e.JPG
子供達にとって、全てのものは、美しく、想像力をかきたてるのでしょう。
ほうら、リスが食べた胡桃の殻に松ぼっくりをのせると何故だかとってもピッタリくるね。
img20090223f.JPG
そうそう、時にはこんな不思議な光景にも出会います。
img20090223g.JPG
いったいどうやって、このようになったのか・・・・?
       
         ・・・不思議ですよね(^^)
でも子供達は当たり前のようにこう言います。
「神様もやっぱり遊ぶのが好きなんだね!」


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

冬、初春の我が家の遊び への2件のフィードバック

  1. SAGE愛好会 のコメント:

    神様の遊び心も、我々シャロマーに
    いい結果をもたらしてくれれば最高なんですけどね~
    時に意地悪、時に楽しくさせてくれる
    これも神様のいたずらか
    SAGE滑落の滝では
    無傷で生還という奇跡を起こしていただきました
    かしこみかしこみ
    感謝感謝

  2. シャロム人 のコメント:

    そういえば・・・この記事はなんと2月24日のものだったのか・・・・
    ずいぶん記事を書いていないなあ。
    SAGE愛好会様、前夜祭、その他いつもほんとに有り難う御座います。
    こんな状態の私ですが、見捨てないでよろしくおねがいします。m(--;)m

SAGE愛好会 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です