杏里の日課・・・

子供には時々、ハッとして、思わず感動してしまうことがありますね。
日常の忙しさに追われ、大切なものをたくさん見落としてしまう大人にとって、子供は輝いています。
我が家の次女 最近 ちい姉になったしっかり者さんですが、毎日 あることをしていました。
img20090206a.JPG
夕方、保育園から帰ると、必ず家に入る前に何か山の方へちょこっと登り、石をたたきながら歌っています・・・。
「杏里・・・何やっているの? 」
「佐助に歌を歌ってやっているんだよ。 だって寂しいだろうから・・・。」
佐助 というのはこの春、郵便屋さんが届けてくれた捨て猫でした。
かわいい子猫でした。
ちょうど杏里の誕生日だったので、杏里へのプレゼントとなりました。
その子猫が1月に車に事故に会い、死んでしまいました。
杏里は泣きました。 たくさん泣いて、一生懸命凍った地面を・・・小さな、その小さな手で凍えながら掘りました。
そうして、やさしく、とってもやさしく、 その穴の中へ寝かせてあげました。
それから、もう3週間は過ぎました。
僕たち、大人は皆、すっかり忘れていました。
けれども、杏里は・・・・
一度も忘れることなく、雪の中でも、雨が降っていても、 そうやって 保育園で習いたての歌を歌って聞かせ、いろんなお話を、静かに眠っている佐助に聞かせているのでした。
img20090206b.JPG
とっても大切なこと  きっと、ほんとはみんな知っているはずなのですね。
けれども、それはすぐに忘れてしまうものなのかもしれません。
今でも 佐助の話になると杏里は涙をこぼし、一人になって泣いているようです。
そんな感動、感受性を大切に育てたいと感じます。
img20090206c.JPG
とうとう、この二人のうち、右側の キャロットだけになってしまいました。
気がつけば一匹です。


hiro について

林業とシャロムの森と林業の仲間たちで作る 黒川森林総合サポート 黒川森林文化研究会 を頑張ってます
カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

杏里の日課・・・ への3件のフィードバック

  1. あま党 のコメント:

    ほかのネコちゃんはどうしちゃったの?
    居心地悪くて出てっちゃった??
    家族も増えたことだし、今まで以上に暖かい
    家庭を築いてくださいませ~

  2. じねん のコメント:

    感動しました
    私も 涙がポロリ・・・です。
    やはり 素晴らしい親子 家族ですよね。

  3. シャロム人 のコメント:

    あま党様
    いやはや、寒い冬でしたよ。前に住んでいたところより、確実に2度は低い気がします。
    しかしまあ・・・ほんとうに猫達にはいろいろすまなかったなあ・・・と。
    ベランダができればきっともっと暖かだったのかなあ・・・
    やはり冬は結構厳しいですね。
    春が待ち遠しい今日です。
    じねん様
    ありがとうございます。
    ほんと杏理はいつも佐助のこととなると涙ぐみます。
    1つの命、出会いを大切にする子に育てていきたいです。
    暖かくなったらどうぞ来て下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です