釣果200911232倍楽しめました!

11月23日に久しぶりに来られた御客様よりうれしいお便りでした。

ネーム:MML

システム:7ft10in #3 6X9ftリーダー+ティペット6ft(6X,7X)
フライ:CDCダン#18、CDCカディス#18他
釣果:ヤマメ 25cm 20匹くらい 😯
イワナ 15cm 2匹
ニジマス25cm 1匹
水温:8℃(計測午後2時)

感想
午前中はL区間上流部に入りました。この日小森谷さんが不在だったため軽トラックに載せてもらえないのでマウンテンバイクで登りましたが、管理人代理のルイが一緒に来てくれました。
入渓地点で準備をして川へ降りようとするとルイが先導してくれて、しばらく一緒に釣り上がることに。
私が歩くとルイはうまく流れをよけながらついてきて、キャストしようとすると足元によりそって待ち、時々撫でると、尻尾をぶんぶん振って答えてくれます。
更に、数メートル先のプールの様子をうかがって私が立ち止まっていると、「ちょっと様子を見てくるね」みたいな感じでプールまで行って見てきてくれたりします。 魚がいたのか、いても逃げたのかは分かりませんが(笑)
天気は快晴、でも朝方の冷え込みのせいか午前中の魚の反応は芳しくなく(ルイのせいではありません)最初の魚が釣れるまで1時間ほどかかりました。1匹釣れたら安心したのかその後ルイは帰って行ったようです。心強い相棒のおかげで楽しく釣りができました。犬を連れて釣りをする方を見かけたことがありますが、こういう楽しみ方もあるんですね。ルイは本当に良く出来たいい子です。

午後は今年初めてM区間に入ってみましたが、晴天で気温が上がったせいかすごいことになっていました。ヤマメが放流されて釣りやすくなったとは聞きましたが、ここはというポイントでは必ずといっていいほど反応があり、多いところでは1つのプールで4匹ヤマメが出ました。流芯の脇や岩盤際のゆるい流れにうまくフライを留められればかなりの確率でフッキング、午後だけでシャロムの森での最多釣果になりました。

午前のゆったりと午後の興奮、一日で2倍楽しめました。
帰りがけに待っていたルイときつくハグしたことは言うまでもありません。
(文章が長くなってごめんなさい。)

IMGP6267

管理人より

ありがとうございました。m(--)m

今日も、昨日の雨から晴れへと、空は青く広がりつつあります。御客様はいませんが、気持ちの良い一日となりそうです。先ほど、渓を見回ってみましたが、魚達も相変わらず、水面直下を定位し、水量の増加による水生昆虫の流下を捕食しているようです。

右へ左へと渕尻や肩、岩の前を動いていました。

まだまだ良い日が続きそうです。

ちなみに、水温はまだ8度前後、雪が降るまでは5度以下にはならないでしょう。十分ドライフライの釣行が楽しめる季節です。

いつでもいらしてくださいませ。m(--)m

追伸

先日の連休中、消防団活動のため、管理人不在だったことを深くおわび申し上げます。m(__)m


カテゴリー: 釣果毛鉤 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です