ありがとう・・・と。

晩秋の渓を歩いていると、時々切ない出会いが誰にでもあると思います。

今日・・・枯葉が流れ行く渓を歩いていると、
ポツン・・・
と、小さなリングが水面に浮かびました。

ライズ?!
ゆっくりと、気づかれないように近づくと、そこには一匹のヤマメが、
ポツン・・・・
と静かな水面に弱弱しく浮いておりました。

息も絶え絶えな、 そんな様子。
体には白いカビがそこ、ここについています。

すまないなあ・・・・

こんな時思わずつぶやいてしまいます。

産卵が終わり、もうすぐ消え行く その命。

たくさん君も働いてくれたんだね。

その体につく白い傷はその勲章・・・
たぶん、幾度と無く釣人と出会い、傷つき、そうして・・・

ちゃんと次の命を渓に託して逝く・・・君は。

もし、あなたが渓で白く、くたびれた魚達に出会ったら、
汚いとか、ぼろぼろとか・・
そんなこと言わないでくださいね。
釣をするということは・・・それがどんなに優しいリリースであっても、やっぱりそれなりに魚達にはプレッシャーです。
人間は業が深いものなのでしょう。
せめて、そんな魚達に、敬意を払ってくださいね。

お疲れ様・・・
そんな一言が、つぶやかれたら・・・

もちろん所詮は人間の身勝手、自己満足ではありますが、ぜひとも感謝の気持ちを持ってくださいね。

晩秋の渓には生と死が輝いています。

img20091110a


カテゴリー: Fishing, 森の生活 パーマリンク

ありがとう・・・と。 への2件のフィードバック

  1. SAGE愛好会 のコメント:

    毎年この時期はこういうヤマメを見かけますよね
    水中に沈んだ屍をみて、
    やっぱりこうつぶやいてしまいます
    シャロム人さんと同じように「おつかれさま」と

    お墓を作ろうかとも思うのですが、
    その屍も次世代への滋養となるわけですから
    軽く合掌し上流へ

    シャロムの森ならではの風景ですよね

    今週末とても楽しみです。
    紅葉もまだ見れるかな~

  2. hiro のコメント:

    今週末、お待ちしております。 SAGE愛好会様
    いつか・・・必ず、魚霊供養塔をつくりましょうね。
    素敵な供養塔が、シャロムの渓を見渡せる小さい尾根の上にあり、魚達の霊がいつもそこを通りシャロムの渓を巡り行く・・・
    いいですね。
    紅葉、ぎりぎりだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です