雪が毎日


毎日、毎日雪が降っています。

おかげで、渓はホット一息つきました。
水量も、多くなり、とりあえず一安心です。

雪はよいです。
雨は・・・・とりわけ本当に乾燥してますと、土壌の表面をはじかれて、どんどん渓に入り、思ったほど森を湿らせてくれませんが、

雪は、じっくりと、じっくりと森をしっとり湿らせてくれます。

私の家の屋根からは途切れることなく雨だれの音がしています。

しかし、森の雪は、融けているようにはほとんど見えません。
融けているのは地面と接している部分が、ほんとうにゆっくりとじっくりと静かに・・・だと思います。

融けて、また凍って・・・・その繰り返しでゆっくりと地中に沈んでいくのでしょう。

今日は雪の山々を見ながらふと思いました。

山がとても乾いていたのが嘘のように今では湿っている。それはまるで、傷口が自然に塞がる、修復しているかのようだ。 大きな目で見たら、森も渓もそして自然全体が生きていて、自己修復機能を持ち、ある程度行き過ぎると、元にもどろうとするのだと。

地球温暖化が叫ばれる今日この頃だけれど、今日はニューヨークは1m以上の大雪、
温暖化にたいする修復機能が働いているのかもしれない。

ただ・・・・もとに戻ってくれればよいが、もし・・・ひどくなりすぎた場合・・・!

そんなことが心に浮かびました。

それにしても・・・・ 大雪です。


カテゴリー: Fishing, 森の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です