拓真もユンボ運転したい

この頃、ますます好奇心旺盛な拓真くん。今度は、ユンボ乗りに挑戦したい様子です。あっちのレバーを触ってみたり、こっちのボタンを押してみたり。と、乗せれば、何回でも同じことを繰り返しちゃいます。                                                  

一通り触ってみたら、こっちをむいて、にこっ。得意そうに笑いかけてきました。

これは、ぼくのもの。ここは、ぼくの場所だぞーいいだろー

とでもいうように。

で、この後も、いろいろいじり始めました。こんなふうにして、いつまでも飽きずにやっているんです。帰らなきゃいけない時間になってもこれです。ユンボからおろすと、すっごい大きな声で、わめきます。

ぼくは、もっと乗っていたいんだー。じゃましないでよー。おろさないでよー。

なんてことでも考えていたんでしょうか。でも、軽トラに乗せて、走り出せばピタっと泣き止んで笑うんです。ほんっとどこまでも極端なやつ。

文責 Karin


カテゴリー: その他, 森の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です