釣行情報20110521最高

いよいよシャロムの季節になりました。
お客さまからうれしい釣行情報です。

昨日はありがとうございました。
久々に、シャロムらしい釣りで遊ばせてもらいましたので、メールしました。

先日の友人たちが次々と撃沈する結果が続き、「シャロムはこんなものではない!」と信じて最上流部へと出撃結果は、「シャロムの上流部らしい釣り」でたくさん遊ばせていただきました。

L4エリアは、密猟者はよく分かりませんが、鵜の影響は残念ながらあると思います。
その証拠に、二箇所で背中に傷を負ったイワナが二尾見えましたし、(恐らく一度咥えられながら何とか逃げ延びたのでしょう)大きめの岩には大量の鳥のフンも見えたりしましたから

それでも、L4から上は鵜が入れないような、狭い場所もたくさんあるので、そんな場所では体力、体型が回復したイワナたちがたくさん遊んでくれました
ただ、サイトで狙える場所には殆ど出ていなかったけど、これは今に始まったことではないですからね
かといって、L1~L3はダメかというとそうではなく、いつも浮いてるのが見える場所(先月はいなかった)には3~4匹が逃げて行くのが見えましたからね

鵜が去ってくれれば、状況は上向いてくるかもしれません

L5から上は正にサイト祭り!
殆どのイワナたちが巻き、流れの緩やかになる場所、肩、流芯とそこかしこに浮いております
目の前に「ポトン」と落とすと躊躇なく食べにくるそんな楽しい「シャロムらしいサイトフィッシング」を満喫できました。

数も余裕のツ抜け
懸念されたサイズも最低が20センチクラス
これから梅雨に入り、明ける頃には一回り大きくなって我々を楽しませてくれるだろうなと思いながら釣行しました。

春先の不調
要因は単純に一つだけではないでしょうけれど、季節的な要因もあったのでしょうね

これから梅雨以降のシャロムがとても楽しみです!

フライ:12~14番のアダムスパラシュート
ティペット:6、7X

SAGE愛好会様のブログ 夏のシャロムの森 ~刀折れ矢尽きるとも・・・~にも詳しく載っていますので、見てくださいませ。

良い季節になりました。


カテゴリー: Fishing, 釣果毛鉤 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です