森の木々の獣害対策

この写真 これは熊による被害の後です。

近年、林業は熊や鹿、猪による春先の樹皮剥離被害がひどいです。

彼らはよく育ったものから剥いていきます。こうなってしまいますともう枯れるしかないでしょう。また、もし枯れなくとも、剥かれた場所から木材腐朽菌が侵入し、黒くなってしまい商品価値はなくなります。

そこでシャロムの森では、みなさんも知っていますように、ビニールテープを巻いて防御しています。

しかしながら当然木々は少しずつ成長しますので、5~10年後にはまた外して、さらに巻かればなりません。

ほんと、全山でいったい何本巻くのか検討もつきません。

しかし、今やらねば、未来はないのですから、もう地道な、本当に地道な努力のみです。

いつか、私の子供達、さらにその先の世代になった時、

「すごい爺ちゃんがいたんだぞ~。この山々の木々は爺ちゃんがコツコツコツコツとテープを巻いて、外して、また巻いて・・・。そうして今、こうやってこんなに大きな木々になったんだぞ。」

とそのさらに先の世代の子供達に語ってもらえるよう、頑張るしかないですね。

ながい、なが~い、道のりです。


カテゴリー: ForestArea, 森の生活   パーマリンク

森の木々の獣害対策 への1件のコメント

  1. シギ より:

    獣害の問題は全世界で同じですね。野生生物の管理はまだ林業の一番難しいですね。ドイツに熊がいませんけど、狼は東ヨーロッパから帰ります。
    巻くの浩之の写真は面白いですよ。The force seems to be with you.
    爺さんのわらいばなしもいいみらいですね。

    シギ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>