日本ミツバチ、いらっしゃい~


季節は春もたけなわ!
森にはホオの花の濃厚な匂いがただよいます。
春の花々が咲き乱れ始めました。
上の写真。 これはなんだと思いますか?

答え
これは、ニホンミツバチの巣箱です。でもどうやってミツバチを手に入れるのでしょうか?
ニホンミツバチはほとんど販売されていませんので、自然からうまく誘いこむのです。

その方法は、ニホンミツバチの巣や蜜を箱の中に塗っておき、後は運良く蜜バチ達が見つけて、気に入ってくれるのを待つのです。

昨年、古い我が家の壁の間に巣を作っていたミツバチたちは、オオスズメバチの襲撃をうけたようで、全滅してしまいました。

ですが、少しだけ、その蜜と巣をいただくことができました。
そこで、その巣と蜜を箱の中に塗っておいておきました。

一昨日あたり、とても天気が良く、気温も高い日でした。その日、たしかにかなりの蜂達が森の中を飛び交っていました。どこかで分封(新しい女王バチが部下と雄蜂を連れて古い巣を離れる)があったようです。

管理棟の部屋の中にも何匹か迷い入ってきたので、そっと手で包んで外に放してあげました。
もちろん、その時に、
「ほらほら、ここにこんなに良い一戸建てがあるのだよ。みんなを呼んで来なさいね。お母さんにもよーくいってあげてね。ここの管理人はとっても優しい人だから、安心して子作り、一族つくりができるとね」
と話してあげました。

そしたら!!!

今朝、何気なく巣箱を見ると、何匹かミツバチが飛んでいます。
「もしや!、」
としばらく見ていますと、何匹もの蜂達が、入ったり出たり、忙しそうにしていました。

やったね! ですね。(^^)
もう少し様子をみて、中の蜂たちが増えてきたら、少し場所をずらしてあげましょう。

ちょっと、管理棟の入り口そばなので、賑やかすぎるかもしれませんし、間違ってお客さまに踏まれてしまうかもしれませんからね

ちなみに、ニホンミツバチはとても人懐っこい動物です。
優しく声をかけながら手で包んでも、ほとんど刺しません。

そして、本で読んだのですが、その群は、最初に人間とどう出会ったかで、全群の性格が決まるそうです。
どうも、それぞれの蜂たちが緊密に情報を交換しあっているようです。

たぶん、今年の秋ころにはニホンミツバチの あまくて、爽やかな、そしてとびきり新鮮な、美味しい蜜を分けていただけることでしょう。

森の生活はほんと、楽しいことでいっぱいです。


カテゴリー: 森の生活 パーマリンク

日本ミツバチ、いらっしゃい~ への2件のフィードバック

  1. まーちん のコメント:

    こんにちは。沼田市に在住ですが、一昨年飼っていた日本ミツバチが冬期に逃亡してしまいました。昨年は近隣の花々を観察しましたが、西洋ミツバチはたくさんいるのですが、日本ミツバチはついぞ一匹も見かけませんでした。みどり市周辺には現在もいるのでしょうか?関西や九州にはいるようですが・・・ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いします。

    • admin のコメント:

      おはようございます。
      今でも日本ミツバチやっていらっしゃいますか?
      私達の森にはたくさんの日本ミツバチが住んでおります
      こんど遊びにきませんか(待ち受け箱をもって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です