カワウ対策NO2

いよいよ秋も深まり、木々の色は紅く染まり出しました。
渓の中では魚達の生命を紡ぐ姿がここかしこに見られます。

しかし・・・・・・!!!!

今が、あぶない・・・いやいやこれから春までが最も魚達には危ない季節です。
産卵行為をしている者たちは人であれ、魚であれ、もう無防備そのもの・・・他のことは考えられません!

そんな時、彼らの背後には死が忍び寄ります。

カワウ・・・空からの死の到来・・・です。

そして、その後水温が低くなるに連れて魚達の動きは鈍くなり、また魚達はいよいよ淵の底にかたまってしまいます。

現在の淵にはもう昔のような隠れる場所がありません。
当然カワウには最高の餌場です。

そこで、こんな事をシャロムでは実験し始めました。

杉やヒノキの枝を集め、麻縄で簡単にまとめます。そしてそれに石を縛り付けて、ドボン! と淵に投げ込みます。
シャロムのような山岳渓流では、どんな人為的なことをしても台風や大雨で綺麗サッパリ流されてしまいます。
ですので、自然素材を使い大雨で流されてもよいもの、自然に帰るものを考えました。


どうでしょうか?!
これならカワウも魚達を食えない!!のでは!

来年の春には、至る所に魚が群れ遊ぶ、そんなシャロムを夢見ています。

PS ルアーのお客さまにはちょっと難易度があがってしまいますが、ご了承くださいませ。m(--)m


カテゴリー: Fishing   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>