<span class="vcard">admin</span>
admin

釣り場の管理人の言うことなので、真偽のほどは・・・・

台風27号の影響が心配される今日ですが・・・・ 数日前のお話をさせていただきます。 これは、釣り場の管理人が言うことなので、話半分で聞いて欲しいですが・・・・ その日、いつものように朝、林業の間伐という仕事に行く道すがら・・・・下の場所をのぞいていると・・・・・ 黒い、そして・・・大きなものが流れていきます。 あまりの大きさに、 「葉っぱだよな・・・?!」 (だって、遠目でも35cmはありましたから・・・) と、思いながらも、それを見つめていると! 「あれ? 流れに逆らって流れていくぞ!」 そう、他の小さな葉っぱのように流れていかず、大きな円を書きながら上流へと動いていくのです。 「さ、さかな~ぁ」 (@@)! そのドス黒~い影は、静かに白い流れ込みの泡の中へ 背中を見せながら消えていきました。 さすがに私も、これは嘘だろう・・・と思うほどの大きさでした。 しかし、考えてみれば、その昔、35cmのイワナが右沢最上流部で死んでいるのを見つけ、剥製にしたこともありました。 ということは、 「 そいつは、 いる!!! 」 たぶん、イワナでしょう。それも、40cm近くの、そして、とにかく、賢く、いやらしく、スプーキーな 奴です。 釣り人の事をいつもあざ笑いながら、流れ込みの岩の下で静かに、子分達の動向を、そして釣り人の技量を眺めている・・・・ そして、 彼のなわばりの半分のヤマメの卵は、彼に食い尽くされ、半分は稚魚になった後、食われる。 まさしく、 KING !  ・・・・・・ こんな話も、しょせんは釣り場の管理人の言うことですから、話半分で聞いてくれて結構です。 でも確かに、そいつは いたのです。

夏休みの終わり

長い夏休みもやっと終わりました。 昨日は夏休み最後の日 やはりこの日は昔から大騒ぎ。 やはり、夏休みの宿題! でしょ。 みんな一生懸命宿題に格闘しておりました。 ポスターが・・・・ 感想文が!  日記!! そうそう、お天気記録もね(^^) すごい集中力!  そしてその中をゴジラさながら色々なものを破壊、邪魔して動きまわる拓真くん・・・ 顔には兄ちゃんの絵の具をいたずらしてボディペインティングが施されております。 「たくま!くるなぁぁぁ」 「こらぁ~たくまぁぁぁ」 「え~ん。たくまが汚しちゃったよ~・・・」 等、微笑ましい光景が終わることなく夜の9時半まで続いておりました。 そして・・・・ 以下の夏休みの宿題の成果 これは杏理。 きっと交通安全のポスターでしょう。 これは龍馬。 自然を大切に。かな?環境ポスターでしょうか? これは花琳。 きっとこれも自然保護のポスターかな? みんな、元気に一夏が過ぎました。 いろいろあった、会った、合った、有った、在った・・・・。 そんな夏休みが過ぎて行きました。 気がつけば空はいつの間にか青く高くなってきています。 シャロムの秋はもうすぐそこまで来ているようです。 さてさて・・・いよいよ収穫の秋! 色とりどりの宝物に囲まれて、彼女、彼らはどんな季節を送るのでしょうか。 忙しい日々がまた始まりました。

釣行情報20110605リバーランスルーイット!

今回は親子で来てくれました。 それでは、まず釣行記を・・・ 今季2度目の親子タンデム釣行。 前回はL1~ だったので、今回はR4から。 次男(小学6年生)には少し厳しいかと思っていましたが、L区間に比べ林道がすぐ横にありますし、川も歩きやすい感じです。 前夜は以外に寒かっので心配していましたが、梅雨初期の生温い気温。 ハッチも多く、魚の活性は上々。 前回、ニンフのみだった次男もドライに挑戦し、幾度かのバラしを得てシャロムの森で初物(ドライフライで)をゲット! しかも、初物がシャロム特有の【黄金イワナ】でした。 その後も、幾度も掛けててはバラしの連続で、釣果としては1匹ですが大満足の様子でした。 兄や友人にレクチャーされたキャスティングも、実践経験でメキメキと腕を上げ、オーバハングしている水面へのピンポイントキャスティングや川の歩き方等も一丁前になって来ました。 シャロムの森で腕を磨き、私や友人達を追い越すのも時間の問題でしょうか。 私は前半絶好調、26cmのイワナを筆頭に7匹。 後半、次男が腕を上げている事がプレッシャーとなり?すっぽ抜け等バラシの連発。R5では尺?と思われるイワナを痛恨のバラシ・・ 魚は居ますね~ 大きいのも小さいのも。 前回は逃げる魚が少なかったですが、今回は逃げまくり。。 これから気温が上がり、雨上がりのシャロムのは最高ですね! 今月、もう1回位は行きたいな・・と思っています。 この記事(管理人さんがブログに乗せてくれていたら・・ですが)をご覧のお父さん 息子さんとシャロムの森 お勧めします。 鹿やタヌキと言った野生動物。 トンボやクワガタ、沢蟹やサンショウウオ、イワナやヤマメ(当然か・・) 優しい管理人さん一家に、可愛い 愛犬のルイがお出迎えしてくれます。 帰りは、温泉。 蕎麦やソースかつ丼、佐野ラーメンなんかも美味しいですよ。 【釣行データ】 入渓場所:R4~R5(R6との中間点) ヒットフライ:エルクヘアー #12、アダムスパラシュート #12、ブラパラ #12 シャロムの森では、子供料金はとりません!(大人待遇の場合は別ですが・・・) 親子で、幸せな時を過ごしに来ませんか。 素晴らしい季節になりました。

シャロム、森の仕事。

山の仕事はいつも危険と背中合わせです。 上の写真。 こりゃ素人目にも危ないです。 あんな崩れた斜面の上に大きなバックフォーが走っています。もちろん乗っているのは私です。 当たり前ですが、上官が危険の先頭に立って行かなければいけません。 この写真は、作業道の補強をするため、丸太を組んでいるところです。 よく土木とはいいますが、まさしく、土と木を使います。 この道は、渓流からかなり源流域の場所にあり、かなり標高も高いです。 昨日も、一昨日も、雲の中での作業です。 もちろん、そうなると、お昼も雲の中。 せっかくの美しい森の中ですので、ちょっと気取って、ピクニックテーブルなど設置しています。 ルイもいつも一緒です。 最近やっと一人またWWOOFERさんがやってきました。 彼はドイツ人です。ベルリンの街で6年間ずーとジムワークだったそうで、現場を歩くだけで、息が切れています。 ですが、そこは世界のドイツ人。さすがです。仕事の飲み込みも早いし、真面目そのものです。 そうそう、またもや熊による樹皮の剥離被害です。 この写真、熊の手、でけえ! けっこう大きそうな熊がいるようです。 ほんとに、なんとかしないとなりません。やはり罠をしかけるしかないのでしょうか 最後に、我が家のラストヒッター 岳琉くん。 よく、本当によく笑います。生後3日から、声を出して笑ったのには僕も妻もびっくり! ほんとに生まれてきたのが嬉しかったのでしょう。 毎日スクスクと成長しています。この子が20才になった時、私は65才。もちろんまだまだ現役です。 どんな森になっていることでしょうか。 静かで、春の匂い濃い、このシャロムの森はいよいよ梅雨の季節を迎えます。

春が来ましたね

おはようございます。 シャロムの森にも春が訪れたようです。 フキノトウ ほんとに美しい。 自然は美しく、無慈悲でもあります。 何が起ころうと、必ずまた春は訪れ、そうして気がつけば季節は過ぎ去ります。 今年のシャロムの森は・・・・ ちょっと難易度が高いかもしれません。 先日の日曜日のお客さまのブログからも様子が少し伺えます。 シャロムの森へと行ってまいりました(SAGE愛好会の撃沈する日々4) 遅い春へ逃げこむ(Fly Fishing in Idleness) まだ、春は始まったばかり・・・なのだと思いたいですね。 実際のところ、今年はシビアかもしれません。 今から初心に帰ることなどきっと出来ないことなのでしょうが、振り出しからやり直しかもしれません。 昨年は4月に一度稚魚放流(ヤマメ)をし、7月にもう一度成魚放流(ヤマメ)をしました。その後は今日まで一度も放流しておりません。 ということはたぶん、昨年の成魚たちの大半は流れてしまったでしょう。ですが、当歳魚、2年魚、はたくさんいるはずです。 しかし、現在のところまだ水温も低いためか、あまり動きが見えません。 何故?!なのだろうかと・・・それともまだ沈んでいるだけなのか?、それとも今年は少ない年なのか?・・・カワウ?、密猟者? いずれにしろ、まだ春は開いたばかし。 ゆっくりと見ていくしかないのですね。 今年もよろしくお願いします。 4月23日にお客さまから釣果情報です 小森谷さん こんにちは。 4/23(土)の釣果報告です。 天気=終始雨 アドバイスどおり、M2から入り、L1までは、 ポイントごとにヤマメの反応があり、楽しめました。 L2~L3になり、 やまめから岩魚に変わりました。 気温が低いせいか、あまり出て来てくれませんでした。 それでも、 ヤマメ…5匹 岩魚…2匹 20cm以上をカウントしています。 ありがとうございました

川に飛び込みブーム???

今日は、広島3日目!と思ったけど、実は3日目、午前中しか広島にいなくて、書くことがなーい!!!というわけで、この頃できる日はいつもやってることを、紹介します。「この頃できる日はいつもやってること」は・・・川への飛び込みでーす。イェーイ!。とっても楽しいですよ。コレ。え、信じられない。そうですか。ならこの写真見てもらいましょ。 コレ↑は、この頃遊びに来た、ミズキという人が、飛び込むために、岩を離れた瞬間です。で、ミズキはこの後、「ヒュー バッシャーン」と川に飛び込み、喚声をあげながら出てくるんです。水の中から。 「気持ちー。サイコー×2」 って感じのこと言いながら。でも次に岩の上にたったときは、 「おー。寒。ガクガクガク。」 となってるんです。でもその状態から、ジャーンプして、また、「ヒュー ドッボーン」といくわけです。 え、何、小森谷家は、やってないのかって。もちろんやってます。 コレ↑は、龍馬が飛び込んでるとこです。龍馬は、服のまま飛び込んでます。で、この後龍馬も、「ヒュー バッシャーン」といくわけです。 残念ながら、花琳の写真は有りません。動画ならあるんですが。ほしい方は、「karin1998.japan@gmail.com」に、件名、「動画」内容には、「自分のメールアドレス」で送ってください。っていっても、ほしい方いませんよね。 シャロムは釣りだけじゃありません。飛び込んでみたい方や、山を散策などしたい方は、どうぞ釣りではなく、遊びに来てください。

広島2日目

予定より,とっても遅くなりました。寝坊しちゃって・・・ 2日目は、似島っていうところへ,行ってきました。戦争中に、兵士を送り出すのと、兵士を迎える役割を持っていた島です。送り迎えをしているうちに、似島で、病気がたくさん流行りはじめました。原因を調べてみたら、兵士が外国から持って帰ってくるということでした。それで,似島には、検疫所が作られました。それでやっと収まりました。でもその後、日本に帰ってこられる兵士が少なくなり、原爆が落とされたあとは、医療所として使われました。その際死んでしまった人を色々なところへ埋めたため、似島は、掘ると骨が出てくるそうです。今は廃校になった?学校の校庭をほったら、骨が出てきたそうです。似島に道路を作ろうと思い地面を掘ると、骨が出てきます。 この日の一番の感想・・・疲れた。暑かった。・・・でした。

広島へ、行ってまいりました

少しのあいだ、留守にし、申し訳ありませんでした。 なんと,4日から6日まで広島に。7日は、名古屋にいってたんですよ。それで花琳,かけなかったんですね。パパは、書かないし。 広島1日目 まず、袋町小学校に行きました。被爆者の、病院がわりに使われたところです。壁にすすがついて黒くなったところが、伝言板がわりに使われていました。書いてある内容は、 「~先生死亡。~の、行方求む。~知りませんか。」 などだったとおもいます。漢字と、カタカナで書かれていたので、読みづらかったですよ。 午後、原爆ドームを見に行きました。なんか、ほんと、すっごいことになってましたね。周りをさくで囲ってあって、そのさくに注意書きが。 「さくの中に、絶対に入らないでください。入ると警報がなります。」 みたいなことが書いてあったと思います。でも、読んで、 「そーなんだ。」 と思ったその時、中に人が数人入っていき、中で撮影をし始めたんです。よく見れば、腕に何かはめていました。きっと、何かの取材だったんだと思います。 すごく、熱くて疲れた一日でした。 2日は明日。3日は、明後日。に書きます。

大貧民、大富豪

昨日の夜、ウーファーさんと一緒に、トランプで大貧民(大富豪)をやりました。 ルールを説明したばっかりなのに、英語を教えてくれるアイリスは、カードの使い方が上手い。富豪の位置を、3,4回まもってましたね~。 大富豪は、何回もかなり変わりました。「大富豪が、また大富豪になれなかったら、大貧民。」などという、アレンジルールもあったのですが、難しくなるので使いませんでした。でも、そのルールがあったかのように、さっきまで大富豪だった人が、大貧民まで落ち込むなどということもありましたね~。 5,6回つづけてやりました。で、その後、ママが、 「後1回でおしまいね」 といったとき、杏里が 「え~、同じのばっかじゃつまんない。」 といい、 「じゃあ、杏理は、何やりたいの。」 と、ママがいい、それには花琳が、 「杏理のことだから、きっと、ウインクキラーだよ。」 となって、ウインクキラーをやることになりました。 ウインクキラーでは、最初1、2回は普通でしたが、3回目。キラーの人がウインクしてないのに一人死んじゃったんです。それは、ちょっとした間違いが元でしたが、ママがもう一回やらせてくれることになりました。 楽しかったでーす。\(^0^)/

流しそうめん

先日、少林寺拳法の人が、涼み&下見に来ました。理由は、来年、少林寺拳法の皆さんが、家に遊びに来るからです。 最初は、BBQをやろうと思っていたのですが,暑いと思って急遽、流しそうめんにしました。家には、流しそうめんのセットなんてないので、パパがつくってくれました。作ってもらった後、ママは、 「本宮さんが家に来てくれたお陰で、家に、流しそうめんのセットができたよ~。」 といっていました。 お昼になって、やっと流しそうめん!最初は、ママが流していてくれました。花琳は、竹の、最後の方にいましたから、速くて、しかも、上の方でも、取っているわけだから、バラで、少ししかない。いや~、かなり取りにくかったですよ。途中は、えんどう豆も流れていましたよ。箸の使い方を、マスターするためだとか何とか言って。まあ、流したのは花琳ですけど。最後の方になったら、今度は花琳が、そうめんを流しました。やってみると、けっこうむずかしい。(流す量が)でも慣れてくると、結構楽しいんですよ。コレ。最後っだったから、食べるのは、ほとんど、ママひとり。だけどママ、楽しんでいましたよ。 そうめんを食べ終わった後、龍馬と拓真でプールに入って遊んでましたね。昨日は、いつもよりも涼しかったし、もう結構寒い時間に入っていたのに。寒くなかったんですかね。 拓真は、最後の方震えていました。震えてたから、プールから上がったんですけどね。 とっても楽しかったな。