釣果毛鉤
釣果毛鉤

K様の20140531釣行記録です

帰りに事務所によって見ましたが、いらっしゃらなかったのでそのまま帰りました。 ご挨拶できずにすみません。 午前中は、さわやかな五月晴れの中のつりでしたが、釣りのほうは、水が少なめで区間下流のプールでは苦戦しました。 午後のにわか雨のあとの上流域では、魚の活性も上がり、楽しめました。 上流域までヤマメが主体で、岩魚の出はもうひとつでした。 写真は上流域で釣ったヤマメです。まだ痩せてますね。 帰りに、事務所前から車で道を下ろうとしたら2匹の犬が車の前にしっぽを振りながらお座りしていて、20cmくらいまで車で近づいても逃げませんでした。 シャロムの森の林道の番犬は、フレンドリーだけれど「不審な車は通さない」、よく教育されてますね。

釣行情報20120512ヤマメもイワナも!

5月12日(土曜日) 9:00から開始。ハッチはあるけど、ライズもなく肌寒い。 風も吹き始め、水温8度とちょっと心配な開始できたが、心配は無用でした。 ヤマメは、渓全体にちらばっており、小さいポイントにもしっかり入っている。 警戒心は相変わらず高いけど、それでも食欲が勝っているのか、フライも選ばず いたるところで反応あり。 L1から開始、ゆっくり釣り上がりL3入口で時間を迎えましたが、 ヤマメ23匹、イワナ2匹。 終わってみれば#14のパラシュートしか使用していない。 フライを変えるという発想も不要な1日でした。 ふと見上げた際の青空と新緑がすごく綺麗。 この季節はいいですね。またお邪魔します。 というわけで・・・・・ とにかく、気持ちの良い毎日です。 仕事中、ふと渓を覗きますと、どこでも魚達が楽しそうに泳いでいます。 はるか昔、日本のどこにでもあった、 当たり前の時間が・・・・ ここシャロムには流れています。 どうぞ、のんびりしにいらっしゃいませ。 シャロムの森は完全予約制。 一区画500m以上(実際には1km以上) 頭はねも、後から追い越されることもありません。 の~びりと、美しい渓の風にとけこみ、    この渓生まれの渓魚たちと、        日がな一日遊んでくださいね。

釣果情報20120508

よい季節。なにもかもが躍動的です。 釣果情報です。 5月8日(水) somebin 新緑のシャロムは生命感に溢れていました。春の足音はゆっくりだったようで、今も山桜が咲いています。 ハッチもミドリカワゲラ中心に盛んです。10:00少し前から16:00過ぎまで、あちらこちら散策しながらのゆっくり釣りでも20匹以上釣れました。最大は9寸オーバーですが、最も印象に残った一匹の画像を添付します。 これはR4あたりで釣れた典型的なシャロムヤマメ。この時期としては完ぺきな魚体でしょう。全体に薄らとさくら色。少ない黒点とくっきりとしたパーマーク。大きなテール。尺候補でしょう。 フライは特にえり好みせず、何でもいけるようでしたが魚の「ヤル気」が旺盛な今は存在感のある高浮のものがいいのではないでしょうか。襲うようにもんどりうって流れから飛び出します。 神経質でセレクティブなヤマメ釣りも緊張感があってそれはそれで面白いのですが、今は貪欲な魚の本能丸出しの食欲に任せて、ぽっかり浮くフライを流れに投じるのも楽しいと思います。 またおじゃまします。 ありがとうございました。 最近のシャロム。皆様すばらしい釣行の一日と釣果をあげているようです。 今、くるべきかと! 思います。

釣行情報20120505気持ちよいですね

美しい季節です。 渓流の流れはきらめいて、水音は谷間に響きます。 何もかもが、春の到来を喜んでいるようです。 さて、5月5日に親子で釣行されたお客様からのうれしい報告です。 5月5日 息子(中1)の倶楽部活動の合間を狙い、お邪魔させて頂きました。  雨天後の気温上昇の予報に、胸躍らせ L4から入渓。  今回は中1の息子に良形を釣らすのが目的。  反応は上々、魚も浮いてヤル気はあるが、何故か食いが浅い、追い切らない・・  #14では大きいのかと、サイズを落とすも釣果は伸びず・・  #10のブラックパラシュートを選択した息子に、今日1番の大物(27cmの岩 魚)。  (私は、20cm程度を6匹・・と完璧に持って行かれました。)  帰りの林道で、お仕事に精を出す管理人さんに誘われて、一息。  足元を見ると・・ ムネアカオオアリの大群が・・・  季節は既に初夏、テレストリアルを忘れてました・・ マッチング・ザ・ハッチと偉そうに講釈を垂れる親父を横目に、ちゃんと観察して いるんだね~ 息子よ。  そう言う時は、お父ちゃんにも教えて欲しいな~ シャロムの森では、高校生までのお子様料金は親子一緒に同じところに入る場合、無料です。 親子で一日、の~びり してみてはどうでしょうか

強い雨でした。がしかし、明日はよさそうですね。(^^)

上の写真は、5月3日16時のウェブカメラのものです。 水温は11.8度 気温は15.4度 水質 もちろん、もうOK 水はまだ多し。 です。 明朝、カワウの影響がなければ・・・(たぶん彼らも、今日の水位では、今晩は来ないでしょう。)最高によい一日になるかもしれませんね。 お客様からのうれしいメールです。 こんにちは 5/1、曇りときどき雨という天気でしたがM2を勧められ、上々の反応でした。 同行者も魚影の濃さ、魚の綺麗さに満足してました。 2人で25尾位でしたか、雨のなか最後に8寸岩魚がオマケにつきました。 また遊びに行きます。 よい季節です。 今年は、まだタラの芽が山の上では伸びておりません。やっとM1のピンクのやしゅうツツジが咲きました。 いつでも、連絡くださいませ。 お客様の要望があれば、シャロムの森はいつでも空いています。・・・?!  もとい、いつでも開いています。

20111113晩秋の渓

昨夜は木枯らし2号でしょうか。 夜の闇から恐ろしいような風の音が鳴り続けました。 さて、そろそろシャロムも今季は終了になりますが、日曜日に入られたお客さまより情報です。 土曜の夜~お世話様でした。 月明かりで飲んだ酒 とても美味しく、とても楽しく過ごせました 肝心の釣りの方ですが、 最初入った上流部は、まだペアリングしている魚もいたり、同じポイントのべつの場所で、虎視眈々と狙う別のオスがいたりと 見ているだけでも、身に積まされるような思いになったのは、言うまでもありません L4~入るつもりが、途中ガマンできなくなり、より確立の高いL3から入渓 魚は出る、結構咥える、 でもフッキングしない これの連発で、なんとL3区間はボ! 「久々にやっちまいました」 L4で何とかボを逃れ、L5チョイまで行ったところで、下流部へと移動 水温の関係か、産卵後か産卵中の差が出たのかL2から再入渓したのですが、2時間くらいで余裕のツ抜けができました。 ちなみに、上流部で釣れた魚たちは皆痩せていて、産卵直後といった感じ。 一方下流部は、魚がフライを追っかけ回して咥えて行くほどでしたので、楽しかったですよ~ 産卵後に体力回復のためなのか、それとも産卵に参加していない個体なのか (恐らく後者でしょう) 結構元気があって、体力もあり、引きも楽しませてくれました。 サイズはイマイチ伸びませんでしたが、あそこまで、1年生、2年生がたくさん出てくれると、来年以降も安心だな~なんて思いながらの釣行 そして、入渓する前にシャロム人さんが仰っていた 「今は、どこもかしこも魚たちが浮いていて凄いんですよ~」 の一言を実感してまいりました。 今は、紅葉の中、10~20センチくらいの魚たちがたくさん相手してくれます 今のシャロムは本当に凄いです。 そこかしこに魚が浮いていて、上を向いている魚もかなり多かったですね 後は、鵜対策させバッチリできれば、来年以降もまた安心ですな 12月に入れば、さすがに寒くなり、数も出なくなります。 この第二次荒食いとも言えるかもしれない期間はもうすぐ終わることでしょう。 ありがとうございました。 晩秋の渓は、腹ペコの魚達でいっぱいです。 産卵という大仕事を終え、冬に向けての腹ごしらえ。 天気がよく、気温が上がると、一斉に浮いてきます。 のんびり一日、魚達の姿を見ながら晩秋の渓を遡行するのは、忙しい日常の疲れを気持ちよく消し去ってくれる時間なのではないでしょうか。 のんびり、シャロムはしております。

釣行情報20111011イワナの秋

そろそろ秋もたけなわ・・・・ といってもまだまだ紅葉には遠いですが、魚達は産卵行動をあちこちでしております(ヤマメですが・・・) それを狙って、イワナの活性も上がっているようです。 それでは、釣行情報です 10月11日の釣果報告です。  昨日はお世話になりました。 さて、昨日の釣果ですが、開始後6時間半で釣れたのは4匹(フライに反応したのもこの4匹のみ)、サイズも8cm前後と、あまりの反応の悪さに心が折れてしまいました。 いつもの流れもあの巻きも沈黙を保ったまま、ピチャッともしないし。 それはそれは静かな水面でした。 「そういえば昨年の10月も静かに終わっていったっけ」などと昨秋撃沈した事を思い出し。 「秋は寂しいな~」、「老眼で見えないし、フライやめちゃおうかな」なんて落ちこんでいるうちに、出ました! ラスト1時間で良形5連発。これぞシャロムのネイティブ岩魚という感じのずっしりしたやつ。 気分上々↑↑で天狗になっていた所で・・・天罰でしょうか? 滝壺に落下して しまい、しこたま尻を打つというおまけまでついて、骨が折れなかった事を良しとし、終了としました。 上がったり落ちたり、折れたり折れなかったり、それはそれは忙しいシャロムの一日でした。 PS.添付の写真は2番目に大きい魚です。(携帯で撮った為ピンボケばかりだったので 一番ましな写真です)  カメラ買います。 また、ルアーのお客さまからも情報です 初めてのシャロムの森です、M~L2まで釣りあがりました。 まずは、渓相ですが自然渓流そのままで渓相抜群です、ヒットする魚も天然ヤマメ、岩魚です。 ヒットしたのは、ほとんどがヤマメでした、ヤマメ達は産卵を意識しているのか?水深が30センチ程、流れが緩く、砂底のポイントに着いています。 ヤマメはサビが入り黒々としています、ヒットルアーは、ミノー、スプーン、スピナーなんでもOKでした。 この時期に渓流を歩ける貴重な釣り場です、あまり寒くならないうちに、また遊びに来ます! ちなみに、このお客さまは以下のSHOPのHPに詳しく情報を載せております。 是非とも、アクセスして下さいませ out door life friend FOREST : HOME 2011.10.10 シャロムの森 ちなみに、この記事に関して若干の訂正が申し訳ありませんがあります。m(--)m シャロムの森は、現在、完全なネイティブイワナはL4、L5です。 また、ヤマメは天然ヤマメ(つまり、ここで親魚からの卵から大きくなった)の割合がかなり高く、 R,L区間においては、昨年より2年間放流しておりませんので、ほぼ天然ヤマメだと思います。 また、M区間は、昨年度、4月、7月に成魚放流(しかし、たぶんその秋に産卵して天命を全うしたと思います。)、今年度は7月に一回のみ。 です。 まだまだ、秋は続きます。どうぞ気持ちのよい一日を過ごしに来てくださいませ。

20110930祭り!

このごろのシャロム まさしく  祭り状態!! のようです お客さまよりうれしいメッセージです  先日はお世話になりました。 9月30日の釣果報告です。 大変な事になっています。  祭りです。 その日はR3から入ったのですが、R3,R4で軽く様子をみて、R5をメインにやって、とにかく今まで入った事の無いR6に入る事をテーマにしていました。 しかし、すごい反応で意識して進まないと2区間位で1日終わってしまいそうでした。 それでも、R3は予定通りにささっと抜けられたのですが、R4の真中位から祭りの一員となり、R6の直前で終了となってしまいました。 釣果のほうですが、ヤマメ 14匹 、 岩魚 11匹 キャッチできました。 また、バラシ、見切っていった魚は多数でバラシた魚の中にこの日の最大魚が居るのはいつもの通りです。 良い思いをさせてもらって感謝です。  という状態です。 ちなみに、今日Lに入られたお客さまも満足、満足・・・・ 食欲の秋!!ですね。

釣行情報いろいろです

最近の釣行情報です。 いろいろ・・・・本当に渓流はこの時期どんどんと変わっていきます。 今、まさしく 山女の 秋! でしょうか・・・ まず右沢についてです。  9月15日の釣果報告です。 非常にびみょ~な結果となりました。 9時にR2からスタート。 R2区間~全く反応なし。 R3区間~ヤマメ6匹キャッチ R4区間~ピチャッと1匹反応したのみ、後は無反応。 R5区間~ヤマメ1匹、岩魚7匹キャッチ。 釣れない区間は結果的にやや短めの時間配分となりましたが、意図的にすっ飛ばした訳ではありません。 こんなにキッチリ反応が分かれるなんて不思議で仕方ありません。 また、R5のヤマメはかなり上の方で出たのでこれもびっくり。 シャロムに通って3年目にして始めてR5区間の最後まで到達しました。 次はあの禁断の扉(R6)を開いてしまいそうで・・・ う~ん、シャロムはまだまだ奥が深い。 P.s 帰りが遅くなってしまってスミマセンでした。 またよろしくお願いします。 また、次の方は左沢についてです。 こんばんは! 先日、25日はお世話になりました。 この日のシャロムは台風後で増水ぎみでしたが、久々に大満足の行く釣りが楽しめました! L2~L5途中まで釣り上がりましたが、いずれのポイントでも狙ったとおりに山女が顔を出してくれました。・・・こんなこと、多分生まれて初めての釣りだったでしょう。 ちょっと気がかりだったのは、L4までほとんど山女でした。以前のLは岩魚の沢だったようなきがしましたが・・・。 でも、しかし楽しい釣りができて大満足でした。 釣果は、10数匹以上数は覚えていません。26cmが最高でした。 フライは何にでも反応してくれましたが、アダムスパラシュート#12・14で充分でした。 シャロムからご褒美をいただいたような気がした一日でした。 と、いうわけで、今、山女魚達はまさしく食欲の秋 ということなのではないでしょうか。 そしてもうすぐ山女魚がまったく無反応な時期が訪れます。 この時期、今度は岩魚天国! となるわけですが・・・・ 極めてその期間は短いです。 温暖化のためか、だんだん魚達の行動も後れてきている気がします

釣行情報20110913

お客さまからの釣行情報です。 本日の釣果ですが、残念ながら余りかんばしくありませんでした(>_< ) R2から釣り始めましたが、そこそこフライに反応するのですが、バレてばかりで。。。腕が悪いです。ストーキングが下手なんでしょうね。 肩あたりではほとんど反応がなく(余り走られることがなかったので、暑さのせいで肩あたりにでていなかったのかもしれませんが)、反応するのは落ち込みのあたりばかりでした。 ニンフに変更しようかとも思いましたが、結局ドライ(#12〜#14のエルクヘアカディスとアダムスパラシュート)で最後までやっちゃいました。最終的に、キャッチできたのは山女魚2匹、岩魚4匹でした。大体が15~20cm位で、中には10cm位のチビ助もいました(^_^;) R5以上は小さいのばかりでほとんどが針がかりしませんでした。 でも一日渓流でのんびりとできて、私的には楽しかったです。ちょいとお恥ずかしいのですが、今日釣ったなかではまとも(?)なのを一応添付します。また遊びに行きます。 ありがとうございました。 シャロムの森、良い時も悪い時もありますが、でも、いつでも美しい渓の中、静かな時間を味わえるように、心をくだいております。 良い季節です。 いつでもいらしてくださいませ。