生き物たち・・・

« シャロムの森FFスクール2006募集開始! | メイン | 釣果報告20060426 釣伯楽 »

2006年04月27日

●生き物たち・・・

この写真・・・おもしろいですね。
昨年、スズメバチが作った大きな巣に、穴が開いています。よく見ると、その穴の中に、コケやら草やら、詰め込まれ、鳥の巣になっているのです。


なんの鳥か、はっきりと断定できませんが、近くでミソサザエが、あの小さな体で、精一杯大きな声で泣いていました。

ほんとに、生き物たちの知恵には驚かされます。
確かに、蜂の巣は使いやすいかもしれないですね。(^^)
蜂の巣は、中が一般的には空洞で、その空間に、3段にいわゆる蜂の巣が作られています。

その3段の部分を壊せば、絶好の暖かな巣ができます。
今年は小鳥の数がかなり多い気がします。

もしかして・・・・・昨年のテントウムシの大発生が原因かもしれませんね
テントウムシの前は ハネカクシでした。

  ハネカクシ => テントウムシ => 小鳥?

地球の温暖化の影響、気温の上昇というファクターは、生物界において、すこしずつ、エネルギーの高位の者へと広がっているのかもしれません。


....注 この巣の壊れた写真は、鳥巣があった巣ではありませんから、御安心ください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shalomnet.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/393

トラックバック

» 早朝のコーラス from Farm minamikaze's blog
年中いる留鳥、まだ北へ帰る前の冬鳥に、渡ってきたばかりの夏鳥とさらに高い山や北国に渡る旅鳥を加えて一年でも最も鳥の種類が多い季節をむかえました。そのうえに... [Read More]

» いったい誰が・・・ from シャロムの森
この写真・・・前に記事にしたことがありますがミソサザエがスズメバチの巣をリサイク... [Read More]

コメント

こんばんは。ほんと、気をつけてくださいよ。一眼高いですから。
まぁ今シーズンは調子悪いので、カメラの活躍の場がないんですけど・・・。

自宅の周りを野鳥がたくさん飛んでいる。私が好きな空間です。
綺麗な川、山そして魚。何もかもが満たされるのがシャロムの森。

学生時代は、三陸の漁師町に住んでいて、それはそれは綺麗な海が広がっておりました。
月が夜真っ暗な水面に光の道を照らす。とても綺麗な瞬間です。
それを見ながら、漁港で軽く釣りをしながら一杯ビールを飲む。
「あぁ幸せ」こんな学生生活でした。
(今回のブログ内容に沿わないコメントでしたね。スイマセン)これじゃ何を言いたいのか分かりませんね。ハハ

あま党様
ほんと、絶対一眼だけは・・・守ります。
SAGE愛好会様
なんだか、素晴らしい場所で学生生活を過ごされていたのですね。
僕も、夜に海の上に浮かぶ月は大好きです。
なんというか、宇宙を感じるのですよね・・・

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)