シャロム de 合コン ?!

« 妻の旅立ち?? | メイン | 最近の我が家・・・ »

2006年12月19日

●シャロム de 合コン ?!

先日の話になりますが・・・・・

なんと このシャロムの森で合コンが行われました。
相手は、群馬県の某大学の方達です。
もとはといえば、今、WWOOFERでシャロムに長期滞在中のドイツ人の若者が、いつもほとんど男性としか話したことがない! というのが始まりでした。

彼らは、日本に来てから、あたりまえですが、ず~とシャロムでいろいろと手伝ってくれています。
おかげで、私たちにマイホームも、そういえば、今週中には地下1Fが完成します。
その話は後でするとして・・・・・
で、 彼らは極真空手道場に通っておりますが、やっぱり女性はいないようで・・・・

「僕ら、日本に来てまだ女性と話したことがありません~泣き・・・・」
「あーた、私や娘の花琳達は女でないのかい!?ムッ」
「レイコさんは、僕たちの母さんですぅ~・・・・花琳や杏理は妹のようなものですぅ~だから僕たちはまだ、女性と話してないんですぅ~」
「よし、そんじゃあ合コンするべ!(^。^)/」

てな感じで話が進み、その夜は遅くまで作戦会議が開かれました。
どうやって合コン相手を探すか・・・・・
いろいろな案が出ましたが、結果として、学祭シーズンだったので、いろいろな群馬の大学に遊びに行き、そこでナンパする(される?)ことに決定しました。

そして、某大学にて、サークルの呼び込みにナンパされ(つまりサークルの呼び込みにひっかかり?)見事話のきっかけを掴みました。

・・・・・・ちなみに総司令官の管理人の指令としては・・・・
学祭における戦略的成果は 携帯電話番号の獲得、もしくはメールの獲得 でした。
そして、戦略的意義を達成後は速やかに立ち去るべし  でした。

そして、首尾よく彼らは戦略的意義を達成しました。

その後、1回の大学付近にての飲み屋での合コンを経て、シャロム DE 合コン が見事 実現したのでした。

さて、ここからは写真にてその様子を簡単に紹介します。

最初はやっぱり何となくみんな緊張気味でした・・・・

00000119.JPG

おお、そういえば、今はいない、私の妻が写っています。うるうる・・・・

00000121.JPG
そして、みんなシャイなので、男同士で固まっているようで・・・・
「おい、シギ!これじゃあ女性と話せないぞ~」

で、まあこの下の写真のように、テーブルを挟んで男性と女性が分かれています。
もしや・・・・お見合い?
・・・・・ところでなぜか、ここに良く見るとこの間までシャロムに下宿していた曹さんがいます。
「曹さん・・・・たのむから、いいとことっていかないでねぇ~」

00000123.JPG

ほんとにまるで、これはお見合いパーティーですね (苦笑)・・・ところで、昔よくこういうtv番組がありましたが、こういうのをなんというのでしたけねえ・・・・

00000125.JPG

そんな中、さすがは年長者のエニー!いつの間にか両手に花です。(^。^)
かわいい女の子と楽しそうにはなしておりました。

00000130.JPG

でも、負けちゃないのがプチ君です。
実は彼が1番いい思いをした気がします。

00000135.JPG

あんまり飲むと・・・・大丈夫ですかぁ~
でまあ・・・・踊ったりして・・・・けっこうプチはやります・:

00000137.JPG

プチ、そんなにいろんな女の子に気を回していいのかぁ・・・・・

00000145.JPG

ちなみに、シギ(右下)はお酒が飲めません!シギーがんばれぇ~

でも・・・・僕も負けてはいませんよ~ ヒロさん(管理人 私のことです)ほうら、見てくださいよ・・・・

00000147.JPG

てな感じでシャロムの夜は更けていきました。

00000149.JPG

ほんとうにさわやかな若者達でした。
いつの間にか私も40歳になり、今の若い者は・・・・と日本の若者達を憂いてましたが、そんなの全然まちがいでした。

みんな素直で、まじめな若者達でした。シャロムの闇に2人だけで消えるようなものもいなく、朝まで楽しく、いろんな話をしていたようです。

私はいつものことですが、10時過ぎに一度子供と撃沈し、午前2時頃に妻を回収しにもう一度復活し、そしてすぐに妻と撃沈・・・・・
でも、そんなときでも数人の若者達はなにやら楽しく話しておりました。

来春もまた やりたいですねぇ~

  シャロム de 合コン  

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shalomnet.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/598

コメント

こんにちは
遂に合コンできましたね!
コングラッチュレーション

フォースと共にあらんことを・・・

SAGE愛好会様
そうです。とうとう実現しました。

May The Force Be With You !
故オビワンケノイビ氏がスターヲーズ一巻にて、ルークに託した言葉です。

sage愛好会様も来年は今年にもまして、  May The Force Be With You !

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)