秘密兵器 シャロム式ライズメーカー

« 看板設置しています | メイン | 堀江渓愚テンカラ教室 IN 「シャロムの森」 »

2006年05月22日

●秘密兵器 シャロム式ライズメーカー

現在、秘密兵器 シャロム式ライズメーカー の効果を観察中です。
この兵器のその名に恥じない効果が第一ポンドでは、出始めています。

あの、だれがやっても釣りずらい、ラインが伸びると サッと散ってしまい、ドライには見向きもしなかった奴ら・・・
最近の彼らは、もう気の毒なくらい無防備でジャンプして、水面上の虫たちを捕食しています。

IMGP0812.jpg

そう、写真を見ればわかると思いますが、誘蛾灯をぶらさげました!

今日で1週間経ちましたが・・・
 設置した初日は魚達は皆びくびくして光の周りにはいなく、落ちた虫を食べる「ボコッ」という音が誘蛾灯下流の暗闇から聞こえてくるだけでした。
 それが最近では、誘蛾灯の周りを飛び回る虫達に飛びついて食べる奴も出てきて、昨夜など写真を撮っていると、誘蛾灯が突然ユラユラゆれる始末・・・(飛びすぎて誘蛾灯に激突したようですね(^^))

一分間に10~20の「ボコッ」「バシャ」というライズ音が闇に響き続けます。

最近のお客様でお時間のある方には、夕暮れ時、一緒に見ていただいているのですが
その光景を見ていると、皆、いてもたってもいられなくなり、暗闇に思わず投げてしまいます。(笑)


    なんとか、ライズの水しぶきを撮る事ができました。

こうして、毎夜、ひたすら大量の虫を食べ続け、彼らは ドライ命のライズマニア に教育されていきます。
その効果は絶大で、先日、娘の花琳が始めて投げたカディスにも思わず「バクッ」といってしまうほどですから・・・

そうして、もう一つの効果!そう、サイズが日増しに大きくなっていくことです。
毎晩、森中の虫たちが、供給され続けているのですから、尺者もどんどん現れることでしょう。

この誘蛾灯を使用した シャロム式ライズメーカー またの名を シャロム式尺メーカー  、たった10Wではありますが、昼間降った太陽エネルギーの結晶をかき集め、まさしく効率的に魚達に供給するシステムだと自負しています。

このライズメーカーを大砂防下の尺サイズの猛者共たちと、砂防上のナチュラルゾーンのロッドブレーカーの子孫のヤマメやイワナたちにもプレゼントしようかと考えております。

そうすれば・・・・・・
今秋には、尺どころか45cm級の色鮮やかなヤマメたちや、大きくなりカブトムシなども食べられるようになったイワナたちが現れるかもしれませんね。

そして、彼らは皆・・・なんと ドライ命 の ライズマニア なんですよね・・・(嬉涙)

ブログランキング、皆様の熱いクリックのおかげでなんと8位に急上昇中です。本当にありがとうございます。m(--)m
これからも、皆様のサポートよろしくお願いします。ほんとに助かります。うれしいです!(^^)/ 
次は目指せ5位ですね(^^) ポチッ とよろしくお願いします。

それから、今日の記事、シャロム式ライズメーカーについてどんどん広めてくださいませ。(トラックバックや転載してくださいね。)
 来られてみていただくと、ほんとにその効果にニヤニヤしてしまいますよ。というか、投げてしまうでしょう・・・(爆)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shalomnet.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/419

トラックバック

» 簡易ナイター施設できました。 from シャロムの森
まず、 祝 ブログランキング 第2位です。本当にありがとうございます。 さて、シ... [Read More]

コメント

ご無沙汰です。ヒロさん。
とうとう、世界へ打って出る第1歩、踏み出しましたね。今回の方法なら”虫がチリチリ焼けちゃう”なってないようで。近いうちに威力確認に行きます。
HANA

この写真だけ見ても最初?ですよね。
説明で納得できたと思います。
アイデアは素晴らしいと思います。
昨日初めて実物を見て爆笑しちゃいましたけど。時間の関係で最後まで見れませんでしたけど、夏の夜、ゆっくりと眺めてみたいと思いますよ。
後で画像を使わせてもらいますね。
ちょっと自分なりの感想を入れながら
アップさせてもらいますね。

考えましたね! これは面白そうですね!
その凄さを取材してみたいですネ。

HANA様 そうです。第一歩、踏み出しましたよ。
いよいよ、走ります!協力おねがいします。

SAGE愛好会様
是非とも、この関連の記事アップしてくださいね。
いろいろなところで、シャロム式ライズメーカーが使用されることを夢見ています。

はねたろう様
取材に来てくださいません。
けっこう、笑えますよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)